ホーム

立正地理学会【公式ホームページ】にようこそ!

 

本ホームぺージは2019年4月に旧http://geo.rissho-map.jp/からリニューアルされました。今後、こちらの情報をご参照ください。


更新情報

2019年1 1 月   1日 りすじおないちまい新設!秋季例会・講演会・臨地研究会ポスター掲載

2019年09月22日 秋季例会および臨地研究会について更新しました。


りすじおないちまい

秋季例会・講演会・臨地研究会のご案内
秋季例会・講演会・臨地研究会のご案内

立正地理学会とは

 立正地理学会は、1935年頃より本格的な活動を開始した立正歴史地理学会にその源を求めることができ、のち第2次世界大戦後に至って田中啓爾教授を中心とする地理学教室の教員と卒業生によって、立正地理学会が設立され再出発しました。大戦後の不自由な時代にあっても研究発表大会、例会、野外巡検などが活発に行われ、1955年には長年の願望であった研究報告の創刊号が刊行されました。この研究報告は1964年に『地域研究』と改称し、以後年2回発行してきました。現在では年1回の通常号に加え、特集号を発行することもあります。

 

 本会の趣旨に賛同いただけた多くの地理学研究者による研究交流の場として,また,立正大学学生・卒業生の地理学的活動の場ともなっています。

 

[活動]

・総会・研究発表大会(年1回)

・地方例会(年1回)

・講演会(年1回)

・臨地研究会(年1~2回)

・「地域研究」の発行(年1回)

・学会ニュースの発行(年3回)

ダウンロード
立正地理学会会則(2005年4月1日改訂)
new_kaisoku.pdf
PDFファイル 93.3 KB