秋季例会・講演会

2019年度立正地理学会秋季例会

日  時:11月30日(土)13時30分〜16時45分

場  所:大阪産業大学サテライトキャンパス

     大阪市北区梅田1-1-3 大阪駅前第3ビル19階

テーマ :変貌する大阪 -その過去・現在・未来

主旨説明:原 将也(立正大学助教)

基調講演:「大阪の地理的位置とその歴史的展開・地域的特性」

      髙山正樹氏(大阪大学名誉教授)

パネリスト報告:

     「キタとミナミにおける若者の街の変容-茶屋町周辺とアメリカ村周辺を例に-」

      吉本 勇(就実大学教授)

     「再生古民家を活用した飲食店群による地域活性化-大阪市城東区蒲生四丁目の事例-」

      石原 肇(大阪産業大学教授)

     「世界のニューチャイナタウンと西成中華街構想」

      山下清海(立正大学教授)

パネルディスカッション:

   司会:原美登里(立正大学准教授)